タッキーこと滝沢秀明さんが平成30年12月31日で引退しジャニーズ事務所のプロデュース業に専念することが発表されましたね。

今後はジャニー喜多川社長がされていたプロデュース業の後を継いでいくことになります。

そんな滝沢秀明さんですが、とても複雑で壮絶な生い立ちだったのです

  • 極貧な生活
  • 両親の離婚
  • 母親の再婚
  • 弟の誕生

また滝沢秀明さんと実父継父との関係はどうなのでしょうか?

そんな滝沢秀明さんの気になる生い立ちについてみていきましょう。

スポンサーリンク

 

【衝撃】滝沢秀明さんは「壮絶」な生い立ちだった!

いつも明るくて笑顔な滝沢秀明さん。

そんな滝沢秀明さんの生い立ちがとても壮絶であったとメディアを通してみる彼の姿から誰が想像したことでしょうか。

ジャニーズ事務所に入り、「タッキー」の愛称でファンをはじめジャニーズの先輩から後輩にも親しまれている滝沢秀明さんの壮絶な過去を振り返ります。

スポンサーリンク

幼少期に両親が離婚し母親に引き取られる

滝沢秀明さんが1982年3月29日、東京都八王子市で生まれました。

生まれる時に分娩室が満室で病院の待合室で誕生したのです!

歳上の姉、2歳上の兄がおり3兄弟の末っ子です。

両親滝沢秀明さんが幼少期の頃に離婚しています。

兄弟(姉と兄)と一緒に母親に引き取られてており、母方の祖母と5人家族での生活を送っていました。

生活が極貧だった幼少期時代

経済的にも余裕のある暮らしではなく、鉛筆や消しゴムが買えなかった、母親の作る餃子の中身はツナ缶だった、など極貧生活であったことを自ら語っていたことがありました。

母親も一家の大黒柱として家計を支えていく必要があったでしょうし、3人の子供達を育てていくのはさぞかし大変だったことでしょう。

その後に、母親は再婚しました。

母親の再婚で姓が「滝沢」になり弟が誕生

母親の再婚までは苗字は「指田」でしたが、再婚後は「滝沢」に。現在の「滝沢秀明」の苗字は母親の再婚相手の苗字なのです。

そして母親との間にも子供ができ滝沢秀明さんには弟(異父弟)ができました。

つまり滝沢秀明さんは、姉、兄、弟と4兄弟になりますね。

母親との仲は?ジャニーズJr.時代にも引退したいと相談していた?

幼少期からジャニーズ事務所に入るまでの多感期に極貧な生活をはじめ両親の離婚、母親の再婚、弟の誕生と複雑な経験をしてきた滝沢秀明さんですが、母親との仲は悪くはなかったようですね。

それは滝沢秀明さんは一度、16歳の頃に引退を考えたことがあったのですが、15~16歳でジャニーズJr.のリーダーに抜擢されメンバーをまとめて引っ張ってきました。大勢いるメンバーを16歳の滝沢秀明さんがまとめるのはさぞかし大変だったと思います。16歳といえば世間では高校1年生です。

心が折れて「辞めたい」と母親に相談すると「帰ってきなさい」と理由も聞かずにそう言ってくれたのです。

やはり16歳の少年が母親に助けを求めたり甘えてしまうのは当然だと思いますし、いざという時には母親を頼っていたのですね。

でも滝沢秀明さんはここで「母親に心配をかけてはいけない」と思ったのか、もう一度頑張ってみようと思い留まったのでした。

もし、ここで踏ん張らずに辞めてしまっていたら、今の滝沢秀明はいなかったんですよね。

スポンサーリンク

滝沢秀明さんと実父そして継父との関係は?

滝沢秀明さんの実父はどうしている?

滝沢秀明さんの実父は滝沢さんが幼少期の頃に別れております。

ですが、しばらくの間は月に一度程度会っていたようです。

しかし滝沢秀明さんがジャニーズ事務所に入られてからは一度もないようですね。

滝沢秀明さんは実父に「自分の息子だとは思っていない」と言われたことがありました。

そのとき実父どんな思いでいたのでしょうか。きっと何か理由があったはず?

その理由とは・・・今の滝沢秀明さんがあるのは自分(実父)のお陰ではない、だから息子だと思ってはいけないんだ、つまり申し訳ないという思いからのようですね。

いまは滝沢秀明さんの活躍をそっと見守ってくれていることでしょう。

滝沢秀明さん継父との関係は?

現在の父親、継父になりますが滝沢秀明さんとはうまくいっているのでしょうか?

母親の再婚が滝沢秀明さんがいくつのときなのかは定かではありませんが、滝沢秀明さんは16歳で家を出て独立されていることからも、ほとんど一緒に住んでいなかったのでは?と推測されます。

また「滝沢」姓をずっと名乗っていることからも継父とは良好な関係を築いているのではないでしょうか。

すっかり定着した「タッキー」の愛称は滝沢秀明さんの継父の姓からついた愛称だったんんですね☆

スポンサーリンク

滝沢秀明さん「中居正広だけに語った真相」とは?|金スマSPに出演

滝沢秀明さんは2018年12月28日(金) よる9時〜11時24分の『金スマ』SPに出演しました。

「中居正広だけに語った真相」とは?

壮絶な生い立ちとして両親の離婚をはじめ極貧だった幼少期を語りました。

さらに番組内ではジャニーズ事務所に入り、引退までの経緯を語りました。

本当の引退の理由は、「ジャニーズ事務所喜多川社長への親孝行をしたい!」というものでした。

そのために引退しプロデュース業に専念すると。

 

 

スポンサーリンク

滝沢秀明さんに中居正広が伝えた最後の言葉とは?|金スマSPより

滝沢秀明さんの引退発表後、一番最初に電話を入れたのが中居正広さんでした。

その電話の内容とは・・・

「今回の発表があって一番最初に電話をくれたのが中居君でした」と滝沢。中居は「滝沢君も今井(翼)君も連絡先を知らなかったので、マネジャー経由で。滝沢だけでなく、翼にも連絡して。2人ともしっかり覚悟をした中で決めたことなので、それを聞けたのがなによりだったんじゃないかな」と語り、「僕個人は怠った人間であって、まるで幕引きが出来なかったので。滝沢と翼の2人には応援してくれたファンにしっかり伝えないと。引退試合が分からないようなタレントではないので」と思いを語った。

 滝沢は今の『タッキー&翼』は『、(てん)』なんだ。ちゃんと『。(まる)』を付けて活動を終了しなさいと中居君は言ってくださった。その言葉はすごく重くて。すごく重いんですけど、きちんとやらなきゃ行けないんだと、ハッとさせられました。なのでジャニーズのカウントダウンも、翼と一緒に出ようと決めました」と思いを語った。

引用元:スポーツ報知

中居正広さん自身がSMAPを「、」で終わっている経験からもタッキー&翼には「。」でちゃんとした形で終わりましょうということを伝えたかったんですね。

さいごに

滝沢秀明さんの生い立ちとして両親の離婚極貧生活、母親の再婚、弟の誕生、そして実父継父についてもみてきました。

幼少期から多感な年頃の間に壮絶な経験をしてこられた滝沢秀明さん。

さらにお兄さんも数年前に他界されたことを先日、自らTVで公表しました。

メディアを通して見ている滝沢秀明さんはいつも笑顔で明るく、先輩に可愛がられ、後輩にも慕われていて、壮絶生い立ちがあったとは想像もつきませんでした。

この壮絶な経験をバネにがんばってきたからこそ今の「滝沢秀明」があるのでしょうね。

そして、「引退」についても中居正広さん司会の『金スマ』SPに出演、その理由を明かしました。

父親代わりだと慕ってきていたジャニーズ事務所喜多川社長に「親孝行がしたい!」と、社長がされていたプロデュース業を自ら引き継ぎたいと申し出たのです。

プロデュース業を引き継ぐにはやはりそれなりの覚悟が必要だったと思います。

ジャニー喜多川社長は、タレント業との兼務を提案したそうですが、それを断りました。

決して生半可な気持ちで引き継いではいけないという滝沢秀明さんの決意の表れで、それが「引退」という形になったということでしょう。

その滝沢秀明さんの選択、気持ちを汲んで、これからも応援していきたいですね。

これからはジャニーズ事務所の「プロデューサー」としての活躍に期待です☆

タッキーのお兄さんがもんじゃ焼き店を経営していたようなのです。
そしてお兄さんがお亡くなりになったあとのお店はどうなっているのでしょうか?↓
滝沢秀明の兄の死因とは?もんじゃ焼き店オーナーだった兄のお店の現在は?

スポンサーリンク