ジャニーズ事務所で今やトップクラスの人気があるKing&Princeことキンプリ

メンバーの中では天然といわれている平野紫耀さん^^

キンプリの中でも一番人気といわれていますよね~!

そんな平野紫耀さんですが、母子家庭で育ち貧乏だったようなんです。

母親思いの平野さんは、ジャニーズ事務所へ入所し家族を支えようとします。

そして入所したものの、ジャニーズの世界に違和感を覚えてしまいます。

いったい何があったのでしょうか?

さっそく見ていきたいと思います!

 

キンプリ平野紫耀は母子家庭だった!

平野さん母親はなんと17歳の若さで紫耀さんを出産したといわれています。

そして平野さん自身、父親の記憶がないようなので、平野さんが幼少期の頃に父親とは離れ離れになったのかも知れませんね。

それから母親の元で3歳年下の弟と一緒に母子家庭として育てられました。

離れてしまった父親の年齢は定かではありませんが、少なくとも今の平野さんの活躍を喜んでいることでしょうね^^

スポンサーリンク

キンプリ平野紫耀は明るい貧乏だったエピソード

平野さんは幼少期から母子家庭で育ちました。

母親は女手一つで平野さんと弟、2人の男の子を育てるのはさぞかし大変だったことでしょう。

そんな平野さんですが、あるTV番組では、貧乏だったといわれるエピソードを披露していました。

  • 五円玉を食べていた

「5円玉」チョコと思って五円玉を食べてしまったんですね(><)

  • お弁当は「しなしなのから揚げ」「べちょべちょの白米」だった

これは恐らく冷凍食品の「からあげ」をお弁当にそのまま入れてご飯がベチョベチョになったんではないでしょうか?

  • 中学2,3年のクリスマスプレゼントは「うまい棒50本」

貧乏というよりかは、ユニークな母親ですよね~^^

平野家はそんな母親を柱にいつも明るい家庭だったのかもしれませんね♪

スポンサーリンク

キンプリ平野紫耀|母親思いジャニーズ事務所へ入所するも違和感?

平野さんは、とても親思いで、女手一つで2人の子供を育ててくれた母親のためにも、早く働いて楽をさせてあげたいと思っていました。

平野さんが通っていたダンススクールの講師の先生がジャニー喜多川社長とお知り合いだったご縁もあり、ジャニーズ事務所に入りました。

ジャニーズに入所して稼いで親孝行をしたい!そう思っていました。

しかし華やかなジャニーズの世界に違和感を覚えた時期もあったんですね。

キンプリとしての忙しい日々は続く。アイドル誌での“ウサ耳”のカチューシャをつけて撮影した時には、「俺、21歳になってもこういうことするのか」と本音をポロリ。もともと男らしい人に憧れ、周りからも「男らしい」と言われてきた平野にとって、アイドルは向いていない仕事なのだという。「歌ったり踊ったりするのは好きですけど、アイドルってそれだけじゃだめじゃないですか。胸キュンなセリフを言ったりとか、めっちゃ苦手なんですよ」と、率直な思いを吐露した。

「この仕事に就いていなかったら何になりたかった?」という質問に、平野は、「ダンスの先生」や「保育士」、そして「自衛隊」と回答。人を守り、助ける仕事への憧れから、実は昨年ジャニーズ事務所を退所し、「陸上自衛隊に行くつもりだった」と打ち明けた。しかし、そんな平野を思いとどまらせたのは、他でもないジャニーズ事務所の人間だったという。

その人は、自衛隊に入り、被災地などで人を助ける仕事をしたいという平野に対し、「身体的な面では、瓦礫撤去とかで助けてあげることはできないけど、テレビを見たり、雑誌を見たり、コンサートを見たりして、また明日から頑張ろうって、精神面で助けてあげることはできるんだよ」とアドバイス。平野自身もファンから贈られた言葉を振り返ることで、これまで多くの人に元気を与えてあげられていたと気づくのだった。

引用元:livedoorNEWS(2018.11.14号)

親孝行のために入所したジャニーズ事務所を退所してまで自衛隊に入隊し、人を助ける仕事への憧れが強くなった平野さん。

コンサートやTVを通じて精神面でも人助けが出来ることを知り、退所を思いとどまったのですね。

キンプリ平野紫耀の他にも意外と多い!母子家庭のジャニーズ

ジャニーズ事務所には母子家庭の人が多くいますね。

例えば、

  • タッキーこと滝沢秀明さん
  • 関ジャニ∞ 横山裕さん
  • TOKIO 城嶋茂さん
  • TOKIO 松岡昌宏さん
  • TOKIO 長瀬智也さん
  • V6 三宅 健さん
  • V6 岡田准一さん
  • News 小山慶一郎さん
  • NEWS 手越祐也さん
  • 山下智久さん

意外と沢山いますね!

みなさん、それぞれ活躍をされている方ばかりです☆

さいごに

母子家庭で育ってきたキンプリ平野紫耀さん。

父親の記憶がないということからも、幼い頃から母子家庭だったのですね。

そして若くして女手一つで2人の子供たちを育てあげた

ですが平野家は貧乏でもユニークで明るい家庭だったようですね☆

経済的にも大変だったと思いますが、母親思い平野さんは家族を支えるためにジャニーズ事務所へ入りました。

しかしそのジャニーズ事務所退所してまでも、人助けのために自衛隊への入隊も考えていた平野さん。

ですが、自衛隊に入らなくてもジャニーズにいても人助けが出来ることを教わります。

これからも、コンサートをはじめ、TVやメディアを通して多くの人々に夢や希望を与えてくれることでしょう☆

スポンサーリンク