そうめんかぼちゃ、収穫時期、いつごろ、食べ方、栄養価、カロリー

そうめんかぼちゃをご存知でしょうか?その名前のとおり果肉が糸状になっています。

かぼちゃと言えば冬のイメージがありますが、そうめんかぼちゃ収穫時期はいつごろなのでしょうか?

そうめんかぼちゃには栄養価も高く葉酸やビタミンCなどが多く含まれていると言われています☆

しかも低カロリー!そんな優れたお野菜そうめんかぼちゃをおいしくいただく食べ方も紹介したいと思います。

そうめんかぼちゃとは?

かぼちゃは、大きく日本かぼちゃ、西洋かぼちゃ、ぺポかぼちゃの3種類に分けられます。

そうめんかぼちゃは、ペポかぼちゃの一種にあたり、別名金糸瓜(きんしうり)とも呼ばれています。茹でるとほぐれた糸状の果肉の様子から、そうめんかぼちゃ(素麺南瓜)と呼ばれるようになりました。他にも、そうめんうり(素麺瓜)、いとうり(糸瓜)などとも呼ばれています。

しかも英語でもスパゲッティ・スカッシュ(Spaghetti squash)=スパゲッティ瓜と呼ばれているんです☆

 

そうめんかぼちゃの収穫時期はいつ?

そうめんかぼちゃ、収穫時期、いつごろ、食べ方、栄養価、カロリー

 

生産地は東北から中国地方と幅広く栽培されていて、収穫時期は7月~8月です。

保存性に優れているので、真冬の12月でもおいしくいただくことができます。

 

そうめんかぼちゃの食べ方は?

そうめんかぼちゃ、収穫時期、いつごろ、食べ方、栄養価、カロリー

収穫時期が7~8月ということからも、夏の暑い時期にピッタリのそうめんかぼちゃ

どんな風にしていただくことができるのでしょうか?

その食べ方について調べてみました^^

そうめんかぼちゃは茹でるとシャキシャキ感が残ることからも主にサラダやナムル、酢の物に向いています。

特に味もないのでサラダだとドレッシングを使ったり色々とアレンジが楽しめますね。

 

そうめんかぼちゃの茹で方のポイントはこちら

そうめんかぼちゃの茹で方

上手く茹であがったらサラダや酢の物を作ってみましょう!

そうめんかぼちゃを使って簡単に作れる人気レシピメニュー

そうめんかぼちゃ簡単レシピメニュー

 

スポンサーリンク

 

そうめんかぼちゃの栄養価やカロリーは?

そうめんかぼちゃ、収穫時期、いつごろ、食べ方、栄養価、カロリー

そうめんかぼちゃのカロリーは675g(M1個)で162kcal、100g換算すると24kcalと低カロリー

脂質も少なく、ビタミンA、葉酸、カリウムが豊富に含まれているのでダイエット中の方、とくに女性にオススメの野菜です。

中でも葉酸は水溶性ビタミンB群の1種で、身体の細胞を新しく作るために必須となる栄養なので、赤ちゃんの細胞が新しく作られている妊娠初期の女性には必要不可欠といえます。

そうめんかぼちゃはシャキシャキして味や香りにもクセがないので、妊婦さんをはじめ暑くて食欲が出ない方でもさっぱりと食べやすく低カロリー栄養価もしっかり摂れる優れものです。

 

まとめ

そうめんかぼちゃは、7月~9月に収穫され、主にサラダにして食べることができます。

シャキシャキ感がありますので、夏の暑くて食欲が出ない時でもサッパリといただけますね。

しかも栄養価が高くて低カロリー

今年の夏はそうめんかぼちゃで暑さを乗り越えたいですね。

 

スポンサーリンク